PR

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は1月13日,電子メールを暗号化/復号するゲートウエイ・ソフト「Voltage IBE Gateway Server Ver.1.2」を発売した。企業/組織内のユーザーが送信したメールを,あらかじめ設定したポリシーに従ってゲートウエイで暗号化して送信する。価格はオープン。参考価格は最小構成で250万円程度から。

 同ソフトを開発したのは米Voltage Security。MBSDはVoltage Securityの国内総代理店である。2004年6月には,Voltage Securityの暗号化メール・システム「Voltage SecureMail Ver.13.5日本語版」の国内販売を開始している(関連記事)。

 今回発売したVoltage IBE Gateway Serverは,Voltage SecureMailと同様に,「IBE」(indentity-based encryption)と呼ばれる公開鍵暗号方式を採用している(関連記事1関連記事2関連記事3)。このため,(1)メールの送信先アドレスを使って暗号化できる(事前に鍵交換する必要がない),(2)暗号化メールの受信者は専用製品をインストールしていなくても復号できる――といった特徴を備える。

 Voltage SecureMailは,各クライアントにインストールする「SecureMail Client」,SecureMail Clientがないユーザーでも暗号化メールを読めるようにするサーバー「Zero Download Messenger Server」,暗号化/復号鍵を発行する「SecurePolicy Suite」――で構成される。

 一方,Voltage IBE Gateway Serverは,暗号化/復号ゲートウエイ「IBE Gateway Engine」と「Zero Download Messenger Server」,「SecurePolicy Suite」――で構成される。これらはOS(Linux)を含めて1枚のCD-ROMに収められているので,インストールが容易だという。

 Voltage IBE Gateway Serverでは,Voltage SecureMailとは異なりクライアント・ソフトを必要としない。IBE Gateway Engineでは,あらかじめ設定されたポリシーに従って自動的に暗号化する。例えば,「ある特定のあて先を指定した場合には暗号化する」「件名に特定のキーワードが含まれる場合には暗号化する」といったポリシーを設定しておけば,そのポリシーに合致するメールだけを暗号化する。また,IBE Gateway ServerはSecureMailと組み合わせても利用することもできる。

◎参考資料
MBSD,セキュリティポリシー対応の暗号メールゲートウェイ製品 「Voltage IBE Gateway Server」を発表(PDFファイル,プレスリリース)

(勝村 幸博=IT Pro)