PR

 英Clearswiftの日本法人クリアスウィフトは4月6日,スパム/ウイルス対策機能やメールのコンテンツ・フィルタリング機能などを備えたソフトウエア製品の新版「MIMEsweeper for SMTP 5.1」を発表した。新版では管理機能やスケーラビリティなどを向上させたという。「ユーザーからのフィードバックを反映させた」(ClearswiftのIan Bowles副社長,写真)。販売開始は4月28日を予定。同日から無償の評価版もダウンロードできる。価格は50ユーザーで55万円(税抜き)から。

 今回発表されたMIMEsweeper for SMTP 5.1は,ポリシーに基づいて送受信メールの中身をチェックし,必要に応じてブロックするセキュリティ製品。管理者が事前に設定したポリシーや同社が配信する「スパム定義ファイル」などに基づいて,送られてきたスパム・メールや不適切なメールをブロックする。アンチウイルス・ベンダーが提供するウイルス検索エンジンを利用すれば,ウイルス添付メールも同時にブロックできる。

 外部へ送信するメールについても,あらかじめ設定したポリシーに基づいて,不適切なメール送信をブロックできる。これにより,メールによる情報漏えいなどを防げるという。ポリシーの雛型は同社が提供する。

 これらの機能は,現行の「MAILsweeper for SMTP 4.3(新版では名前が変更される)」も備える。しかしながら,「機能的には現行バージョンとほぼ同じだが,新版ではアーキテクチャを大きく変更した。管理のしやすさやスケーラビリティを向上させるためだ」(クリアスウィフトの宮本哲也マーケティングディレクター)という。

 例えば,新版では管理者権限を細かく設定できるようになった。具体的には,システムを管理する権限とコンテンツ(ブロックされたメール)をチェックできる権限などを別々に設定できるようになった。システム管理者権限を与えられているユーザーは,MIMEsweeperの運用状況をチェックできるが,MIMEsweeperがブロックしたメールをチェックできない。逆に,コンテンツ管理の権限を与えられているユーザーは,メールをチェックできるが,システム状況をチェックできない。

 また,新版ではMIMEsweeperの機能――ポリシーの設定/管理,メールのフィルタリング/配送,データベースなど――をコンポーネント化し,それぞれを別のマシンで運用できるようにした。これにより,処理するメールの量が増えた場合には,メールのフィルタリング/配送を担当するマシンの台数さえ増やせば対応できるようになる。

 また,1台のポリシー管理マシンから,複数のフィルタリング/配送マシンへ同じポリシーを同時に設定できる。つまり,ポリシーの集中管理が可能になる。現行バージョンでは,MAILsweeperをインストールしたマシンが複数ある場合には,同じポリシーを設定する場合でも,それぞれにポリシーを設定する必要がある。

◎参考資料
クリアスウィフト,電子メールコンテンツセキュリティ最新バージョンMIMEsweeper for SMTP 5.1を発売(プレスリリース)

(勝村 幸博=IT Pro)