PR

 「予想以上にx86-64版の反響が大きい。出荷本数は目標の140%を達成した」(ミラクル・リナックス)――ミラクル・リナックスが2005年2月28日に出荷した「MIRACLE LINUX V3.0 for x86-64」の販売が好調という。MIRACLE LINUX V3.0 for x86-64はIntelのEMT64およびAMD64に対応した64ビット版Linux。ミラクル・リナックスは販売本数自体は公表してないが,目標を4割上回ったという。

 4月11日には,NECから供給を受けているクラスタリング・ソフトウエアCLUSTERPROのx86-64対応版「MIRACLE CLUSTERPRO V3.1 for x86-64」も出荷した。基幹システム向けに可用性の高いシステムを構築できるようにすることなどで,2005年度のMIRACLE LINUX全体の約15%をx86-64版とすることを目指す。

 Itaniam2など,もうひとつの64ビット・アーキテクチャIA-64に対応するバージョンは,中国と韓国企業との共同開発OS「Asianux」としてすでに開発済み。しかし,IA-64に対応版のMIRACLE LINUXとしての製品化はまだ未定となっている。

(高橋 信頼=IT Pro)