PR

 米Apple Computerは米国時間5月3日,Mac OS Xに見つかった複数のセキュリティ・ホールを修正するセキュリティ・アップデート「Security Update 2005-005」を公開した。適用対象はMac OS X 10.3.9/Mac OS X Server 10.3.9。同社ではすべてのMacユーザーに対して,今回のアップデートを適用するよう勧めている。

 今回のアップデートで修正されるのは,以下の機能/ソフトウエアに存在するセキュリティ・ホールである。

  • Apache
  • AppKit
  • AppleScript
  • Bluetooth
  • Finder
  • Foundation
  • Help Viewer
  • lukemftpd
  • sudo
  • Terminal
  • VPN
  • X11

 Mac OS X Serverについては,上記に加えて,以下の機能/ソフトウエアに存在するセキュリティ・ホールも修正される。

  • Directory Services
  • LDAP
  • NetInfo
  • Server Admin

 任意のプログラムを実行されるような危険なセキュリティ・ホールが含まれるので,Mac OS X/Mac OS X Serverユーザーは早急に適用したい。同社でも,すべてのMacユーザーに対して,今回のセキュリティ・アップデートを適用するよう勧めている。Mac OSの「ソフトウェア・アップデート」機能で適用できる。また,同社サイトからもダウンロードできる。

 なお,今回のアップデートの適用対象はMac OS X 10.3.9/Mac OS X Server 10.3.9。これらよりも古いバージョンを使っている場合には,「Mac OS X 10.3.9 Update」などを適用して,バージョン10.3.9にする必要がある(関連記事)。

◎参考資料
About Security Update 2005-005
「Security Update 2005-005 (Client)」について
「Security Update 2005-005 (Server)」について

(勝村 幸博=IT Pro)