PR

 財団法人 日本軽種馬登録協会は「インターネット血統書データベースサービス」をLinuxやPHP,PostgreSQLなどのオープンソース・ソフトウエアで構築,5月25日から正式運用を開始した。

 インターネット血統書データベースサービスは,同協会が書籍として発行していた血統書データをインターネットのWebサイトで公開したもの。競走馬の繁殖成績,輸出入情報,父馬や母馬など5代分の血統情報などを収録している。70万頭以上のデータを記録しており,毎年3万頭のデータが追加される。現在は無償で利用できる。将来的に有償化を検討しているという。

 システム構築はオープンソース・ジャパンが担当した。同社のグループ会社ゼンド・ジャパンで販売している,PHPのソースコードをエンコードして読めなくするツール「Zend Encoder」なども利用している。

(高橋 信頼=IT Pro)