PR

 マイクロソフトは6月18日,イオン品川シーサイド店において,ホーム・ユーザー向けのセキュリティ啓蒙イベント「親子で楽しくインターネット安全体験イベント」を開催した。会場で配布する小冊子やクイズなどのアトラクションを通して,セキュリティに興味を持ってもらうことが目的。「セキュリティについて考えるきっかけにしてもらいたい」(マイクロソフト セキュリティ戦略グループ マネージャ 吉川顕太郎氏)。同イベントは6月19日(10時から17時)にも開催される。

 イベントでは,3つのアトラクションが実施されている。(1)ヒーロー・ショー,(2)セキュリティに関するクイズ大会,(3)セキュリティに関する迷路――である。

ヒーロー・ショー
写真1 ヒーロー・ショー
クイズ大会
写真2 クイズ大会
セキュリティ迷路
写真3 セキュリティ迷路
 ヒーロー・ショーでは,敵役として“ハッカー怪人”が登場。多数の観客を集めた(写真1)。ショーでは,「ウイルス対策ソフト」や「スーパー・ファイアウオール」といった単語が飛び出したものの,セキュリティに関する解説はほとんどなかった。ショーの主目的は,子どもを連れてきた親にセキュリティ小冊子などを配布することだった。

 クイズ大会では,セキュリティに関する簡単な問題(例えば,「パソコンはいつも最新の状態にしておくべきかどうか」や「信頼できない相手に個人情報を教えても良いか」)が数問出題(写真2)。正解者には賞品が贈られる。

 屋外に設けられた“巨大迷路”では,セキュリティに関する簡単な問題が分かれ道に張り出されている(写真3)。問題の内容は,クイズ大会で出題されたものとほぼ同じ。正解を選んでいくと,迷路を抜けられるようになっている。

 イベントの来場者数名に話を聞くと評判はよかった。「おもしろくためになった。子どもも喜んでいる」(家族でクイズ大会に参加した女性)。「内容自体は知っていることばかりだったが,最近子どもが(親の)パソコンを勝手にいじり始めたので,いさめるに(ショーの内容を)使える」(ヒーロー・ショーと迷路に家族で参加した男性)。「セキュリティについて家族で話すきっかけになる」(家族連れの男性)

 マイクロソフトがホーム・ユーザー向けのセキュリティ・イベントを開催するのは今回が2回目(関連記事)。ホーム・ユーザーにセキュリティの重要性を伝えることは難しいとしながらも,「前回および今回のイベントの経験を基に,今後もホーム・ユーザー向けのイベントを続けていきたい」(吉川氏)という。

◎参考資料
安全かつ信頼できるインターネット環境の実現に向け,「インターネット安全運動」へ参加(プレスリリース)

(勝村 幸博=IT Pro)