PR

 米Microsoftは,Windows OSの次期版「Longhorn」(開発コード名)にRSSフィードの検出/表示/購読機能を組み込む。Microsoft社が米国時間6月24日に明らかにしたもの。同社は,RSSの機能を拡張した新仕様「Simple List Extensions」も発表した。

 OS自体にRSS対応機能を搭載するため,ユーザーはRSSフィードを簡単に利用できるようになるという。「Webブラウジング中,よく目立つアイコンでRSSの存在を分かりやすく表示する。WebブラウザでそのRSSフィードを読むこともできる。RSSフィードの登録は,Webサイトを“お気に入り”に追加するのと同じくらい簡単な操作で行える」(同社)

 Longhornでは,アプリケーション開発者向けのRSS機能も提供する。この機能を使用すると,RSSの購読や発行といった操作が可能なアプリケーションを開発できる。たとえば,コラボレーション・ソフトウエアのカレンダ・アプリケーションにRSS機能を組み込むと,会議の情報をRSSフィードで確認したり通知したりできる。

 Simple List Extensionsは,現在のRSSが一定の時間間隔で情報更新を確認するだけなのに対し,情報の変更や削除を可能とする。これにより,同社は「(企業が)商品の受発注業務にRSSを利用できるようになる」と説明する。さらに,RSSフィードにそのリスト自身や各項目の補足情報を入れる機能も追加する。「小売店が商品の価格や売れ行き,顧客の評価などを商品情報とともに配信できる」(同社)

 同社はSimple List Extensions仕様にRSS 2.0と同じライセンス条件を設定し,Creative Commonsに従って無償公開する。

◎関連記事
米Microsoft,「Longhorn」でRAWファイル形式に対応,キヤノン,ニコン,富士写などが協力
米Microsoft,Longhorn向け主要技術「Indigo」「Avalon」のベータ1RCを公開
米Mozilla Foundationが「Thunderbird 1.1」アルファ版を公開,フィッシング対策やポッドキャスティング対応
米Googleが企業向けデスクトップ検索アプリを公開,RSS/Atomフィードへの広告挿入サービスも
米Kanoodle,RSSフィードに文脈型広告を組み込む「BrightAds RSS」を発表
米Moreover,文脈型広告付きの無料RSSフィード・サービスを発表
米Yahoo!が変えるRSSの意味,新サービスを続々投入
ブログ・ページにあるRSSって何?

[発表資料へ]