PR

 Eclipse Foundationは6月28日(現地時間),オープンソース統合開発環境の新版Eclipse 3.1をリリースした。2004年6月に3.0をリリースして以来の大きなバージョンアップになる。3.1では実行性能を高めたほか,Java実行環境の新バージョンJ2SE 5.0をサポートした。

 Eclipse Foundationでは,実行性能は3.0にくらべ全面的にかなり高めたという。Eclipseの公式サイトに掲載している性能の測定結果では,97%程度性能が向上している処理もある。

 そのほか,右から左へ読む言語のサポートなど,多くの改良が施されている。Eclipse 3.1はEclipseの公式サイトからダウンロードできる。

(高橋 信頼=IT Pro)