ソフトウエアは重要なものから調査

 ソフトウエアは,よく使う重要なものから調査しよう。XP SP2の導入によって必要なソフトが動かないのではパソコンを使う意味がない。

 最小限調べたいのは,ウイルス対策ソフトやパーソナル・ファイアウオール・ソフトである。両方がいっしょになって統合セキュリティ・ソフトとして売られていることも多い。Windows XP SP1まで正常に動いているソフトならSP2を適用しても実用上はほぼ問題はないようだが,確認しておいた方が安心だ。

 さらにウイルス対策ソフトはXP SP2対応の製品を使う方が,警告が表示されずに済む。XP SP2にはセキュリティ・センターというセキュリティ機能の監視機能がある。ウイルス/ワームを検知/削除する機能が正常に稼働していても,XP SP2に対応していないと,ウイルス対策ソフトの稼働状況に問題があるという警告が出る場合がある。警告メッセージは「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。ウイルス対策の状態が不明です」というような内容で一見すると驚く。

 セキュリティ・センターの設定で警告が出ないようにできるが,その場合,本当にウイルス対策ソフトが稼働しなくなっても警告は出ない。市場シェアの高い「Norton AntiVirus」(シマンテック),「ウイルスバスター」(トレンドマイクロ),「McAfee」(マカフィー)は,登録ユーザー向けに既にSP2で警告が出ない対応版の提供を開始している。その他のベンダー製品も同様な対応版の提供を進めている。それらの利用を検討しよう。

 パーソナル・ファイアウオールもXP SP2対応の製品を使う方が,セキュリティ・センターによる警告が表示されずに済む。加えて注意すべきなのは,XP SP2を導入すると,標準のパーソナル・ファイアウオール「Windowsファイアウオール」が,デフォルトで有効になる点だ。市販のファイアウオール・ソフトとWindowsファイアウオールという2つのソフトでセキュリティを管理しても,負荷が高くなりマシンの性能が落ちるなどでデメリットが大きい。いずれか1つにしよう。

 このほか,新機能であるWindowsファイアウオールが原因でネットワーク・ソフトに障害が出る場合がある。ただし,Windowsファイアウオールの設定変更が有効なことがほとんどだ。ネットワーク・ソフト・ベンダーのホームページなどに設定情報が出ていないか一度は見てほしい。また,Internet Explorerがローカル・ディスク上でスクリプトやActiveXコントロールを実行しなくなったことで動かなくなるソフトもある。これは[インターネットオプション]の[詳細設定]タブにある[マイコンピュータでの,CDのアクティブコンテンツの実行を許可する]や[マイコンピュータのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する]の設定変更で対処できる。

 SP2の対応チェックは,万全を期そうとすると根気が必要でかなり時間がかかる作業だ。しかし,パソコン本体や主要な周辺機器,重要なアプリケーションが対応していれば,残りの部分で障害が出てもあわてることはないはずだ。以下にマイクロソフトや主要パソコン・メーカーに対するリンク集を掲載したので参考にしてほしい。当編集部が運営しているWindows Reviewサイトでも「Windows XP SP2の導入に役立つリンク集」を逐次更新している。こちらも活用してほしい。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)


●Windows XP Service Pack 2に関する情報が収集できるWebサイト

▲マイクロソフトのWebサイト
Windows XP Service Pack 2のポータル
システム管理者向けのページ
開発者向けのページ
個人ユーザー向けのページ
パソコン販売店や郵便局でCD-ROMと一緒に配られる小冊子のPDF
メーカーのリンク集
XP SP2のFAQ集
XP SP2をダウンロードできるサイト
XP SP2のCD-ROMの注文

▲主なPCメーカーのXP SP2関連ページ

・NEC(個人向け企業向け ソーテック
ソニー デル
東芝 日本IBM
日本ヒューレット・パッカード ・日立製作所(個人向け企業向け
・富士通(個人向け企業向け 松下電器産業