PR

Firefox
 オープンソースの軽量Webブラウザ「Firefox」の正式公開(関連記事)は,IT専門メディア以外の,世界の様々なメディアが取り上げた。米CNN英BBC米Los Angels Times,米Financial Timesなど。カタールの衛星テレビ局 アルジャズィーラのWebサイトでも報じている。

 記事の論調は「Microsoftへの挑戦」(CNN),「FirefoxがMicrosoftと対決」(BBC)といったものが多い。しかし,かつてWebブラウザといえばFirefoxの前身であるNetscape Navigatorのことを指す時代があった。そのNetscape NavigatorがInternet Explorerに敗れた理由はなんだったのだろう。Firefoxはその敗因を克服することができたのだろうか。

Netscape Navigatorの敗因は「開発力」

 Webの普及が始まったころ,WebブラウザとはMosaicであり,Mosaicの開発者たちが設立したNetscapeのNavigatorであった。MicrosoftのInternet Explorerは後発で,しかも動作も遅く機能的にも遅れたWebブラウザに過ぎなかった。

 そのInternet Explorerが普及した最大の理由を,Windowsにバンドルされていたことだと考える方は多いだろう。しかし,筆者はそれは理由のひとつに過ぎないと考えている。バンドルされていたために,選択肢として土俵に上がることができたのは確かだが,それだけでNetscape Navigatorを上回るユーザーを獲得できたわけではない。

 実際,1990年代の半ばに,Netscape Navigatorはさほど不利な状況にあったわけではない。パソコン・メーカーがPCにNetscape Navigatorをプリ・インストールしていたし,雑誌付録のCDやインターネットからでもNetscape Navigatorは簡単にインストールできた。記者の取材でも,多くの企業がNetscape Navigatorを標準のWebブラウザとして指定していた。情報システム部門の技術力が高い企業ほどその傾向があった。Webを初期から企業情報システムに採用していたし,Internet ExplorerのActiveXコントロールにセキュリティ面での懸念を抱いていたからである。