PR

 驚くほどばかげたアイデアを聞いた。カリフォルニア州ロサンゼルスの警察が,テロ発生時にすべての携帯電話の通話を妨害しようと企んでいるらしい。信じがたいことに,真剣に検討されているという。

 スペインの列車爆破テロで携帯電話が使われたので,次にテロ攻撃が起こる際には携帯電話の通話を妨害すべき――。というのが,このアイデアである。

 トレード・オフの面から検討してみよう。この“対策”がほんの少しでもテロリストの攻撃を阻止する可能性はあるだろうか? 無視できるほど小さい。一方,テロ対応の連携を難しくし,救援活動を妨げ,攻撃後のパニックを増大させる可能性はどれくらいか? 極めて大きい。

 テロリストの仕事に手を貸すようなことがあってはならない。テロ攻撃への対応に役立つインフラは,どんな形であれ,機能できる状態にしておこう。

http://www.theinquirer.net/?article=15959

Copyright (c) 2004 by Bruce Schneier.


◆オリジナル記事「Cell Phone Jamming and Terrorist Attacks」
「CRYPTO-GRAM June 15, 2004」
「CRYPTO-GRAM June 15, 2004」日本語訳ページ
「CRYPTO-GRAM」日本語訳のバックナンバー・ページ
◆この記事は,Bruce Schneier氏の許可を得て,同氏が執筆および発行するフリーのニュース・レター「CRYPTO-GRAM」の記事を抜粋して日本語化したものです。
◆オリジナルの記事は,「Crypto-Gram Back Issues」でお読みいただけます。CRYPTO-GRAMの購読は「Crypto-Gram Newsletter」のページから申し込めます。
◆日本語訳のバックナンバーは「Crypto-Gram日本語訳」のページからお読みいただけます。