PR

(2000.8.31)
 ソニー・コンピュータ エンタテインメントの米国法人Sony Computer Entertainment America(SCEA)が,ネットワーク技術をもつ米RTIMEを買収したことを,米国時間8月30日に明らかにした。プレイステーション 2向けのゲームやサービスを視野に入れる。買収金額などの詳細については公表していない。

 RTIME社は1993年設立のベンチャー企業で,拠点はシアトル。インターネットや広帯域接続ネットワークなどに関連するインタラクティブ技術やサービスを提供している。リアルタイムのインタラクティブ性を備える,ゲームやマルチユーザ・アプリケーション向けネットワーク製品「Interactive Networking Engine」を持つ。

 「Interactive Networking Engine」は,「Communications Engine」「Broadband Engine」「Multimedia Engine」「Cluster Engine」で構成する。

 SCEAはRTIME社を完全子会社とし,SCEAが拠点を置くカリフォルニア州Foster CityおよびSan Diegoに移管する。ただし,RTIME社のブランド名はそのまま残す。

 RTIME社はプレイステーション 2向けに,広帯域接続対応のゲームやサービスなどの技術開発を行っていく予定である。また,RTIME社が現在抱える顧客や提携事業についても継続し,パソコンやワークステーションに向けた製品やサービスの提供も続ける。

[発表資料へ]