米Dellが3社のベンチャー・キャピタルと提携し,スタートアップ企業支援のプログラム「VC Direct」を始めると米国時間8月29日に発表した。

 提携したベンチャー・キャピタルは,Kleiner Perkins Caufield and Byers社,Austin Ventures社,Dell社のDell Ventures。Dell社はこれらの3社と協力し,スタートアップ企業の事業目的に合致した技術,リソース,サービスを提供する。

 VC Directの主な内容は以下の通り。

・Dell Venture Leasingを通じたリース。

・Dell社の小中企業向けWWWホスティング・サービス「DellHost」など,ホスティング・プロバイダへのアクセス。

・Dell Technology Consultingによるコンサルティング・サービス。

・顧客サービスの強化。Dell社の上級会計士による会計相談や,IT資産管理サービス「Premier Pages」を取り入れる。

・ネットワーク構築の支援。米Cisco Systemsの「SmartStart」製品を利用。Dell社によるサポート,リース,割引プログラムも組み合わせる。

・Dell社の製品とサービスを特別価格で提供。

◎関連記事
DellがWWWビジネス支援プログラムの拡充でMicrosoft,Intelと協力

[発表資料へ]