PR

 米Intelは米国時間8月10日,英DataKinetics(http://www.datakinetics.co.uk/)を買収することで両社が最終的な合意に達したことを明らかにした。キャッシュでの支払いとなるが,金額などの詳細については明らかにしていない。買収手続きの完了は2000年第3四半期を予定している。

 DataKinetics社は1992年設立の未公開企業。Signaling System 7(SS7)のハードウエアおよびソフトウエア製品のサプライヤである。SS7プロトコルは,電話回線制御のベースとなる技術で,無線インターネット機能をはじめ,IP(Internet Protocol)と電話回線との接続機能などを持つ。発信者番号通知や自動リダイヤル機能,電話転送機能などにも対応する。

 Intel社は,DataKinetics社を自社のCommunications Products部門に組み込む。この買収により,Intel社は自社のネットワーク関連機器やソリューションを音声やIPテレフォニ分野で拡充する。DataKinetics社の製品をベースにした音声ベースのインターネット・アプリケーションやサービスを,キャリアやネットワーク関連の顧客に提供していく。

 具体的には,DataKinetics社のSS7技術とIntel社傘下のDialogic社の製品を組み合わせて音声とデータ・ネットワーク機能を統合,IPテレフォニなどの提供に向ける。音声コマンドによるWWWアクセスといった音声ポータル・サイトをはじめ,音声,ファクス,電子メールを一つの端末に統合したメッセージング・プラットフォームを開発する。

 DataKinetics社は,このほかにもMedia Gateway Control Protocol(MCGP),Megaco,Simple Internet Protocol(SIP),H.323などの標準プロトコル技術を持つ。同社はネットワーク関連製品を世界40数カ国に提供している。

 なお,Intel社は8月1日にも,ネットワーク関連ソフトの未公開企業米Trillium Digital Systemsを3億ドルで買収するとの発表を行っている。Trillium社はSS7やIP,H.323を実装するドライバ・ソフトの開発を手掛ける。

◎関連記事
Intelが通信ソフトのTrilliumを3億ドルで買収
Intelがネットワーク・プロセサのBasis Communicationsを4億5000万ドルで買収
パソコンの次は通信分野,Intel社の買収劇
Bluetooth対応LSIのCambridge SiliconにIntelが投資
IntelがネットワークLSI開発のThinkit Technologiesを買収
インテル,2000年はネットワーク関連事業に期待

[発表資料へ]