米Microsoftが米国時間8月9日に,組織の一部再編と新人事を発表した。「.NET構想の実行に弾みをつける」(Microsoft社)。

 Bob Muglia氏が,.NET Service GroupのGroup Vice Presidentに就任,ソフトウエアの技術開発,ユーザ向け契約サービスの提供,新しいユーザー・インタフェースの開発などを統括する。Muglia氏の指揮のもと,以下の役員が.NET事業を率いる。

・David Cole氏:Senior Vice President
Personal Services Platform部を統括。インターネット・サービス「MSN」のネットワークと.NETの両方のインフラをカバーするバックエンド・サービスの構築を担当。

・Brian MacDonald氏:Senior Vice Presidentに昇格
Subscription Service部を統括。ユーザー向け契約サービスの提供を担当する。

・Kai-Fu Lee氏:vice presidentに昇格
User Interface Technologies部。自然言語と話し言葉を統合した次世代ユーザー・インタフェースの開発を担当する。

 .NET Services Groupは,新たに新設するPersonal Services and Devices Group(PSDG)に組み込まれる予定である。Group Vice PresidentのRick Belluzzo氏がPSDGを統括する。PSDGには,.NET Groupのほか,MSN部,TV Service and Platform部,Home and Retail部,Mobility Groupなどが含まれる。

 また,Productivity and Business Services GroupのGroup Vice PresidentにJeff Raikes氏が就任する。Microsoft OfficeやOffice.NETなどを担当,配下のBusiness Applications部,Business Tools部(Microsoft社とVisio社の共同事業),eMerging Technologies部を統括する。同氏はこれまでSales,Marketing, and Services Group担当Group Vice Presidentだった。

 Platforms Product Groupは,Group Vice PresidentのJim Allchin氏が続投,Windows.NETを含むWindowsプラットフォームの開発を進める。電子商取引向けサーバーやディジタル・メディアの開発も行っている。Paul Flessner氏がSenior Vice Presidentに昇格,.NET Enterprise Server部を率いる。

 Platforms Strategy and Developer部門は,Group Vice PresidentのPaul Maritz氏が引き続き海外事業開発,プラットフォーム製品戦略立案,Visial Studio.NETなどを統括する。

◎関連記事
Microsoft,来年度の研究開発費は44億ドル
Microsoftが次世代Windows OS&サービス「Microsoft.NET」を発表
Microsoftが「.NET」向けプログラミング言語「C#」の概要を発表
[焦点] 注目のMicrosoft.NET,さてインパクトは?
【記者の眼】Microsoft.NETはなぜわかりにくいか
■Microsoft最高幹部が明かす「Microsoft.NET」の実像--Bob Muglia氏 (7/14, BizTech)
「.NET」はASP参入を支援--Bob Muglia氏(7/26, BizTech)

[発表資料へ]