PR

 フィンランドのNokiaが米国時間8月8日に,アラバマ州Huntsvilleに拠点を置く米DiscoveryComを買収することで合意に達したことを明らかにした。買収金額は2億2000万ドル。Nokia社株で支払われる。買収は2000年第3四半期中に完了する予定である。

 DiscoveryCom社は,通信サービス・プロバイダがDSL(Digital Subscriber Line)サービスを導入したり管理するためのソリューションを提供しているベンチャー企業である。

 Nokia社はDiscoveryCom社のループ管理システム「LoopMaster Total Loop Management System」を自社のDSLAM (Digital Subscriber Line Access Multiplexer)製品に組み込み,DSL事業を拡充する。

 DiscoveryCom社は1995年設立のベンチャー。約50名の従業員を抱える。買収後はNokia Networks部門の一部となり,現社長兼CEOのMarty Roberson氏が引き続き指揮をとる。

[発表資料へ]