PR

 米Cisco Systemsが米国時間8月8日に,2000年5~7月期と通年の決算を発表した。同四半期の売上高は57億2000万ドルで前年同期の35億6000万ドルに比べ61%増。利益は12億ドル,1株当たり利益は0.16ドル。前年同期の利益7億1000万ドル,1株当たり利益0.10ドルに比べそれぞれ69%増と60%増。

 Cisco社は同四半期にネットワーク管理ソフトの米Atlantech Technologiesや,屋内無線電話技術の米JetCell,MDWDM技術のスウェーデンQeyton Systemsなどの買収を完了しており,これらを含む合計5社の買収に関連した一時的な費用として4億6100万ドルを計上している。

 これらの一時的な費用を除いた純利益は7億9600万ドルである。同じ条件の前年同期純利益は6億500万ドルだった。

 通年の業績では,売上高が189億3000万ドルで,前年度の121億7000万ドルに比べ55%増収。利益は39億1000万ドルで前年度の25億2000万ドルに比べ56%増。一時的な費用を除いた純利益は26億7000万ドルで前年度の20億2000万ドルから増益となった。

◎関連記事
Ciscoがネットワーク管理ソフトのAtlantechを1億8000万ドルで買収
Ciscoが屋内無線電話と情報家電の2社を総額5億ドルで買収
CiscoがMDWDM技術のQeyton社を8億ドルで買収
Ciscoが8億ドルでSightPathを買収,WWWコンテンツ配信ソリューションを拡充

[発表資料へ]