PR

 米J.D. Edwardsが米国時間8月3日に,2000年5月-7月期の決算見通しを明らかにした。予想を上回る決算になるという。

 売上高は2億5000万ドル~2億6000万ドルの見込み。ライセンス収入は大幅に増加し,前年同期比45%増で1億900万ドル~1億1400万ドルとなる見込みである。これらの数字には,無形資産の償却やリストラなどに関連する費用は含まれない。

 「協調(collaborative)サプライ・チェーン・アプリケーションなどの主要製品への需要が,ライセンス収入の増加につながった。当期は予測を上まわる決算報告をするつもりだ」(J.D. Edwards社社長兼CEOのEd McVaney氏)。

 正式な決算は,8月23日に発表する予定である。

[www.jdedwards.comに掲載の発表資料(PDFファイル)]

BizIT注:ちなみに2月~4月の第2四半期決算も,ライセンス料収入は前年比22%増だが,サービス分野が不振で,売り上げは前年並み,買収関連経費を除けば約170万ドルの黒字,含めれば約230万ドルの赤字というレベルであった。