PR

 米MCI WorldComと米Intermediaが米国時間9月5日に,WorldCom社がIntermedia社を60億ドルで買収することで両社が最終合意に達したことを明らかにした。Intermedia社は企業向けデータ通信などを手掛けるサービス・プロバイダ。1987年の設立で,5673人の従業員を抱える。

 この買収によってWorldCom社は,Intermedia社傘下のWWW/アプリケーション・ホスティング・サービス大手の米Digexの大株主になる。WorldCom社はDigex社の株式約55%と議決権株の94%を取得する。「大企業および中企業向けWWW/アプリケーション・ホスティング・サービスを拡充できる」(WorldCom社)。

 9月1日に行った3社の役員会で買収は了承されている。今後,米連邦取引委員会と株主からの許可を得る。買収手続きの完了は2001年初めを予定している。

 WorldCom社が,Intermedia社を買収することで,今後展開する事業などの詳細は以下の通り。

・Digex社のホスティング・ソリューションをWorldCom社が世界規模で展開するネットワークに組み込む。

・WorldCom社とDigex社の顧客に,より優れた電子商取引向けの製品やサービスを提供する。

・WorldCom社とDigex社は,インターネット事業やポータル・サイト構築,電子商取引事業などに向けたソリューションを提供する。

・WorldCom社が持つ電子商取引に関するノウハウを利用し,WWWホスティングから複雑なソリューションに至るまでに対応する。

 WorldCom社は米国第2位の長距離電話会社である。7月に第3位の米Sprintとの合併計画を白紙撤回している

◎関連記事
WorldComによるSprint買収がついに白紙に戻る
「合併の白紙撤回はSprintの破滅を招く」とDataquest

[WorldComの発表資料]
[Intermediaの発表資料]
[Digexの発表資料]