PR

 米Viacomの一部門である米CBS Televisionと,米Microsoft傘下のWebTV Networksが,TVのインタラクティブ番組の提供で提携した。CBS放送のドラマやコメディ,特別番組,バラエティ,映画,スポーツなどを使い,インタラクティブ番組を提供する。

 まず第1弾として,コメディやドラマなどを投入する。詳しい番組情報については後日発表を行う。CBSは,番組の放映時間の枠をおよそ500時間拡大する予定。

 Microsoftの「WebTV Plus」もしくは「UltimateTV」サービスに加入すると,スポーツ関連情報や投票中継,出演者の略歴,番組の更新情報,電子商取引,チャット機能など,様々なオン・デマンド・コンテンツを視聴できる。

 WebTV Plusは,TVのセットトップ・ボックスもしくは「EchoStar DISHPlayer 500」で利用できる。

 UltimateTVは拡張TVサービスで,ユーザーは,自分専用の“パーソナルTV”を設定することができる。米THOMSON multimedia製およびソニー製のセットトップ・ボックスで,インタラクティブ番組やインターネット接続を提供する。

 なお,Microsoftは,DIRECTV,THOMSONと6月にインタラクティブTVサービスで提携しており,エンターテインメント製品の提供に関して協力体制を敷いている。

 MicrosoftはWebTVの技術を自社のTV向けソフトウエア・プラットフォームに組み込み,TV局などへライセンス供与している。

◎関連記事
Microsoft,DIRECTV,THOMSONがインタラクティブTVサービスで提携

[発表資料へ]