PR

 米3Comが米国時間9月12日に,米CopperComおよび米Jetstream Communicationsと提携関係に入ったことを明らかにした。3Com社はVoice-over-DSL(VoDSL)ベンダと提携することで,VoDSLに向けた広範なソリューションを提供する。

 今後,CopperCom社のゲートウエイとJetstream社の広帯域接続プラットフォーム「CPX-1000」との相互操作性を確保した製品を開発する。「複雑な手間をかけずに広帯域接続の拡張機能を利用できる製品をユーザに提供していく」(3Com社)。

 この提携は,3Com社の「デジタル・ホーム」構想の一環となるもの。デジタル・ホーム構想によって,「家族の一人ひとりを住宅の中でも外でもネットワーク接続し,重要な情報などが共有できるようにする。消費者のライフスタイルをより豊かなものに高めていく」(3Com社)。

◎関連記事
Intel,3Com,CiscoなどがDSL機器の接続性確保の業界団体「OpenDSL」旗揚げ
Voice over DSL機器の市場,2004年までの年平均成長率は258% 高速アクセス市場でのDSLとケーブルの競争が世界的に激化

[発表資料]