PR

 英Baltimore Technologies社と米IBMは米国時間9月13日,e-business向けセキュリティ・サービスの提供に関して協力体制を敷くと発表した。

 Baltimoreが提供するデジタル証明書の発行/管理システムの「UniCERT」や無線ネット上でのセキュリティ機能を提供する「Telepathy」をIBMのサービス事業部門であるIBM Global Servicesが自社サービスへ取り入れて顧客へ提供する。通信やトランザクション処理における機密性やデータの安全性を向上させられるとしている。

 UniCERTは,ユーザー認証に必要となるデジタル証明書を発行/管理するCA局の機能を提供するソフト。40カ国以上の金融サービス,行政機関,ヘルスケア産業,サービス・プロバイダが採用した実績がある。

 Baltimoreは同社のe-business向けセキュリティに関するトレーニング・プログラム,マーケティング・ツール,技術サポートを,IBM Global Servicesのコンサルタントと技術者に対して提供する。IBM社のe-businessサービス・プロフェッショナルを30カ国にわたり200人以上認定する。