PR

 米Vault.comが米国時間9月26日に,従業員のインターネット利用に関して雇用主の監視状況や企業の生産性に与える影響などを調査した結果を発表した。雇用主451人と従業員670人を対象に調査を実施したもの。

 それによると,41.5%の雇用主が従業員のインターネットと電子メール利用を監視または規制しているという。1999年の調査から11%増加している。

 監視方法についての主な回答は以下の通り。

・社内で所有している独自のソフトウエアを使用
・記録ファイルをチェック
・従業員を直接監視する
・オンラインに費やされる時間を追跡する
・経営情報システム(MIS)のモニタリング

◎関連記事
従業員の92%と雇用主の82%がネット利用監視を事前通知
「職場の個人的ネット利用は仕事にプラス」と従業員の56%
家庭からのインターネット利用人口,欧亜米の合計で3億人弱
職場の個人的なネット・サーフィン,24%が監視を回避して楽しむ

[発表資料へ]