PR

 米RealNetworksと米Hewlett-Packard(HP)が米国時間9月26日に,HP社のサーバ「HP-UX 11」にRealNetwork社のストリーミング・メディア・ソフトウエア「RealSystem」を組み込むことで両社が契約を結んだことを明らかにした。

 このほか,HP社の企業ユーザ向けやサービス・プロバイダ向けの製品やサービスにも,RealNetworks社のストリーミング・ソフトウエアを取り入れる。すでに利用可能な状態になっている。同時に両社は,マーケティングおよび販売で協力体制を敷くことも明らかにした。

 このほかHP社は,社内システムでもRealSystemsをストリーミングの推奨ソフトウエアとする。

インターネット関連の技術に関しては総合IT情報サイト『IT Pro』の「INET新技術」サイトで詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
Warner Music Groupがデジタル音楽をネット配信,RealNetworksが協力
RealNetworksが「RealSystem 8」をリリース
SunとRealNetworksがストリーミング・メディア配信で提携強化
RealNetworksとYahoo!が提携強化,RealSystem G2をライセンス
MicrosoftがRealNetworksにWindows Media Formatをライセンス供与
北米のインターネット通信,1カ月あたり35万Tバイト,ストリーミングが10%

[発表資料]