PR

 米CMP Mediaが米国時間7月7日に,コンピュータ・ウイルスやクラッカーの攻撃が世界のビジネスに与えた影響に関する調査結果を発表した。30カ国のITプロフェッショナル4900人を対象にInformationWeek Researchが考案し,米PricewaterhouseCoopers LLP社が調査したもの。

 2000年にコンピュータ・ウイルスやクラッカーによる攻撃が米国企業に与える損害は推定2660億ドル。米国のGDPの2.5%以上に当たる。世界規模でみると損失額は1兆6000億ドルにのぼる。このなかには,システムの復旧経費も含まれている。

 システムのダウンによる生産能力と販売機会の損失が大きく影響している。北米における2000年のダウンタイムの割合は3.24%,世界におけるその割合は3.28%とみられる。

  • www.prnewswire.comに掲載の関連資料

    ◎USニュースフラッシュは,海外で発表されたニュース・リリースの抜粋を速報体制で制作しています。あくまで抜粋ですので,内容などにつきましては必ず文末にある「発表資料」へのリンクでご確認下さい。