PR

 米RSA Securityが米国時間10月11日に,米Intelが開発中の64ビット・マイクロプロセサ「Itanium」およびPentium III後継の「Pentium 4」プロセサ向けにチューニングしたセキュリティ・ソフトの新版を明らかにした。

 Itaniumなどに対応させたのは,暗号ソフト「BSAFE Crypto-C」と「BSAFE SSL-C」。新版を同日リリースした。米Intelとの協力体制のもと,ItaniumやPentium 4の性能を引き出すように最適化を行ったという。

 なおBSAFE Crypto-CはRSA,DES,RC2,RC4, RC5,楕円暗号などの一般的な暗号技術のほか,ディジタル署名や認証技術にも対応する。BSAFE SSL-Cは,SSL(Secure Socket Layer)バージョン2と同3,TLS(Transport Layer Security)に対応したソフトウエアである。

◎関連記事
RSAが暗号ソフト「BSAFE Crypto-C」の新版,「性能を最大500%向上」
RSAが公開鍵暗号アルゴリズムをパブリック・ドメインに
米商務省,DES後継の次世代暗号技術にベルギーの「Rijndael」を選定
RSA がWAP対応の暗号ソフト「RSA BSAFE WTLS-C」を出荷
Pentium 4延期はチップセットの不具合が原因
【TechWeb特約】Pentium III後継の“Pentium 4”が出荷延期に
【Intel Developer Forum Fall2000】「Itanium」800MHzでようやく登場
Intelの責任者が会見,Itanium搭載機の出荷遅れを認める,「一般に利用可能になるのは2001年Q1」

[発表資料]