PR

 米Dell Computerと米Microsoftが米国時間10月23日に,NAS(Network Attached Storage)システムの開発で提携関係に入ったことを明らかにした。

 Dell社のストレージ・プラットフォーム「PowerVault」とMicrosoft社の「Windows 2000」を組み合わせる。大企業ユーザー向けに,高性能で複数プラットフォームに対応可能な技術を共同で開発するく。価格や仕様については追って発表する。製品のリリースは2001年早々を予定している。

 両社は2000年4月に,Dell社のPowerVaultや「PowerEdge」サーバ,「PowerApp」単機能サーバなどとMicrosoft社のWindows 200をベースにしたWWWホスティング支援ですでに提携関係に入っている。

 「当社はストレージ事業を強化しており,第2四半期のストレージ製品販売は前年同期比70%増を達成した。通年では10億ドル近くに達するだろう。ストレージ・ベンダーとしては世界6位につけている」(Dell社)。

 米IDC(International Data Corporation)の調査によれば,NAS市場は2003年まで年平均66%で成長し,1999年の8億5000万ドルの水準から2003年までには65億7000ドル規模に成長するという。

◎関連記事
DellがSAN向けストレージ製品を発表,低価格が売り物
CompaqがSAN向け製品の強化内容を明らかに
Compaqがコロラド州に研究所を新設,SAN技術の標準化策定に向ける
IBMとCompaqが共同開発のストレージ製品「MSS」を発表
CompaqとIBMがストレージ向けネットワーク技術の標準化で協力,総額10億ドルを投資へ
ストレージ管理ソフト市場,IBM/TivoliからEMCへ首位交代--Dataquest
ネットワーク・ストレージ市場は今年ブレーク,2004年までに100億ドル規模
ストレージ・サービスでIBMがトップ,2位HP,IBMがIDCのレポートを引用
MicrosoftとDellがISP,ASP,WWWホスティング企業支援で提携

[発表資料]