PR

 京セラの米国法人子会社Kyocera Wireless社と米Lucent Technologiesが米国時間10月23日に,第3世代(3G)携帯電話サービスに関し,提携関係に入ったことを明らかにした。

 CDMA(Code Division Multiple Access)をベースにする。Kyocera社の携帯電話機や周辺機器と,Lucent社の無線通信向けインフラ機器を組み合わせる。両社はマーケティング活動や3G技術の研究,無線機器/サービスの実地試験,相互接続性テストなどで協力体制を敷く。

 まずKyocera Wireless社とLucent社は,次世代システムcdma2000 3G-1Xの開発および実地試験などを行う。このほか,cdma2000 1X-EVolutionやW-CDMA,位置情報システムといったHigh Data Rate(HDR)向けソリューションの共同開発も行っていく予定である。

◎関連記事
「CDMA方式が無線インターネット市場をリード」と米調査会社
CDMA携帯電話方式の加入者数は2000年Q2で6500万人超
京セラの米無線通信子会社がPalm OSをライセンス

[Lucent社の発表資料]