PR

 米Amazon.comが米国時間10月24日に,2000年第3四半期の決算を発表した。売上高は6億3800万ドルで前年同期の3億5600万ドルに比べて79%増。純損失は2億4100万ドルで前年同期に比べて拡大した。

 前年同期の純損失は1億9700万ドルだった。買収関連費用や現金以外の投資利益/損失を除いた実質純損失は8950万ドル,前年同期の実質純損失は8580万ドルから若干増えた。

 実質営業損失は6800万ドルで,その売り上げに占める割合は11%。前年同期の実質営業損失は7900万ドル,同22%だった。

 同社の米国における書籍/音楽/DVD/ビデオ販売事業の実質営業利益は2500万ドル,売り上げに占める割合は6%。

 なお同社は四半期中に米Toys"R"Usの子会社であるToysrus.comとの提携により,おもちゃなどを扱う共同ブランドのオンライン・ショップを立ち上げている。これを含めた,新規事業(コンピュータやビデオ・ゲームなどの電子機器,キッチン用品販売も含む)の売上高は1億5030万ドル,実質純損失は5360万ドルとなった。

 なお電子機器の売り上げが好調で,同社の売れ筋商品の上位10のうち六つまでが電子機器だったという。

 米国以外の事業の売上高は8770万ドル,前年同期比121%増となった。実質純損失は3960万ドルである。

 全世界における累計顧客アカウント数は四半期中に280万以上増え,合計2500万を超えた。また過去1年におけるアクティブな顧客一人当たりの支出額は,108ドルから130ドルに増加した。

 第4四半期と2001年通年の見通しも明らかにした。第4四半期の売上高は9億5000万ドルから10億5000万ドルのあいだ。営業損失が売上高に占める割合は5%~8%と見積もる。また2001年の売上高は40億ドル。営業損失が売上高に占める割合は5%以下としている。

◎関連記事
株価急落! 正念場を迎えるAmazon.com
Amazom.comが顧客情報の譲渡でプライバシ条項を一部改訂
「我こそが1-Click特許保有」と米OpenTVが自社特許の適用範囲拡大を申請
Amazon.comとToysrus.comが共同ブランドのオンライン・ショップ立ち上げで提携
AMAZON.COMがQ2決算を発表,前年同期比84%の増収だが赤字は拡大
Amazon.comの2000年Q1決算,95%増収だが赤字は1億2200万ドルに拡大
Amazon.comが通年の決算を発表,170%増収も赤字は3億9000万ドル

[発表資料へ]