PR

 米MotorolaとアイルランドのBaltimore Technologiesは現地時間10月26日に,インターネット対応の無線機器向けセキュリティ技術およびサービスに関して両社が協力体制を敷いたと発表した。

 この提携により,無線ネット上でのセキュリティ機能を提供するBaltimore社の「Telepathy」や同社の無線認証サービスを世界中のMotorola社の顧客に提供するという。

 具体的には,Motorola社の携帯電話機やゲートウェイ製品にBaltimore社のデジタル認証技術を組み込み,無線トランザクションにおける機密性やデータの安全性を向上させる。また当初の取り組みとして,Baltimore社の無線向け認証サービス「Wireless Certificate Service」をMotorola社の「WAP Server」プラットフォームに対応させ,同サービスをMotorola社の顧客に提供する。

 さらに両社は無線キャリアや消費者,電子商取引サービス・プロバイダ,ASP(application service provider)に向けたソリューションの開発でも協力する。

 「携帯電話機からPDA(Personal Digital Assistants),“Personal Trusted Devices”と呼ぶ次世代機器向けの統合無線ソリューションを開発する」(両社)。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

 電子商取引の技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「電子商取引(EC)」で詳しくご覧頂けます。

[発表資料へ]