PR

 米McAfeeのオンライン事業部門McAfee.com社が米国時間10月30日に,Palm機向けのウイルス検出ソフトウエア「McAfee Anti-Virus Scanner Resident(MARS)」のベータ版をリリースしたことを明らかにした。

 同社の無線サービス「Wireless Security Center」やファイアウオール・サービス「Clinic Personal Firewall」などで提供する。「端末側にスキャン機能を搭載するので,パソコンに接続しなくてもウイルス・チェックが実行できる」(McAfee社)。
 
 アプリケーションの容量は17kバイト。端末の全ファイルもしくは特定のファイルの感染の有無をチェックする。新たに検出されたウイルスにも対応するアップデート機能を備える。

◎関連記事
McAfee,Palmねらうトロイの木馬型ウイルスへの対応ソフトを提供開始
McAfeeが無線インターネット向けウイルス対策ソフトの提供開始
McAfee,「世界各地で27億ファイルを検査,230万からウイルスを検出」
Trend Micro,PalmOSを襲うウイルス向け対策ソフトの提供を開始

[発表資料]