PR

 米IBMが米国時間11月6日に,小企業向けLinux対応のソフトウエア・スイート「IBM Small Business Suite for Linux」を発表した。小売価格は499ドル。

 IBM Small Business Suite for Linuxにはデータベース管理ツール「DB2 Universal Database Version 7」,JavaベースのWWWアプリケーション・サーバー「WebSphere Application Server, Standard Edition Version 3」,電子メールとコラボレーション向けソフトウエア「Lotus Domino Release 5.04」が含まれる。

 WWWサイト構築のためのテンプレートやツール,マルチメディア用チュートリアルを含む「WebSphere Homepage Builder」,WWWサイト構築とJavaアプリケーション開発ツール「WebSphere Studio」,NotesとDomino向けWWWアプリケーション設計/開発ツール「Domino Designer」も提供する。

 Small Business Suite for LinuxはIBM社のWWWサイトで直ちに販売を始める。米Caldera,米Red Hat,ドイツのSuSE AG,米TurboLinuxのLinuxディストリビューションに対応する。

 ちなみに米IDCによると,Linuxサーバを導入している企業の48%は小企業だという。

◎関連記事
IBM,Sun,HPなど,Linux/UNIX対応のデスクトップ環境をGNOMEで統一へ
KDE/GNOME論争の火を消そう
日本発のオープンソース・ソフトウエアが増殖中

[発表資料へ]