PR

 米Microsoftが米国時間11月20日に,ニュージーランドに拠点を置くPulse Data Internationalとの契約に署名したことを明らかにした。

 Pulse Data社は目の不自由な人のための情報アクセス製品を手がける企業。Microsoft社とPulse Data社は,「Microsoft Reader」向け電子ブックを目の不自由な人々が利用できるようにする。今後のタイトルも含めて1000本以上のコンテンツが対象となる。

 具体的にはMicrosoft ReaderをPulse Data社のPDA「BrailleNote」ファミリ製品に組み込む。BrailleNoteは,OSとしてMicrosoft社の「Windows CE」を使うPDAである。スクリーンはなく,ユーザー・インタフェースには音声と電子点字を用いる。

 ユーザーは電子ブック・タイトルをオンライン販売者から購入し,BrailleNoteにダウンロードする。電子ブックを読む際には,音声で聞くか電子点字で表示するかを選ぶことができる。

◎関連記事
【アクセシビリティ】
米マイクロソフトが障害者向の雇用機会向上に総額25万ドルを寄付
Microsoftがアクセシビリティ高めた「MSN Explorer」プレビュー第2版を配布
Microsoft,目の不自由な人向け「話す本」標準化でDAISY Consortiumを支援
Macromedia,WWWサイト作成ソフトの機能を拡張,アクセシビリティ向上図る
Sunが障害者のアクセシビリティ向上を目的とした研究所と基金を設立
【電子ブック】
Microsoft,電子ブックでAmazon.comとも提携
Microsoftがパソコン向け「Microsoft Reader」の配布を開始
Microsoftと米国出版者協会,電子ブックの違法コンテンツ撲滅で協力
米マイクロソフトが米社から画像含む文書の圧縮技術を取得,電子ブックなど視野
AdobeがSeyboldで電子ブック,WWW,印刷・出版の新戦略を発表

[発表資料へ]