PR
 米Computer Associates International (CA)が米国時間11月29日に,「InoculateIT for the Palm OS」をリリースした。同社のアンチウイルス・ソフト「InoculateIT」のPalm OS対応版である。同社WWWサイトから期間限定で無料配布している。

  InoculateIT for the Palm OSは「PalmOS.Liberty.A」「PalmOS.Phage.A」「PalmOS.Vapor A」などこれまでに判明しているPalmを狙ったウイルスからハンドヘルド機を保護する。PalmOS 3.0以降のバージョンに対応する。対象機種は「Palm III」「Palm V」「Palm VII」シリーズのほとんど,「Palm m100」「Handspring Visor」「Handspring Visor Deluxe」。

 「現在の所,多数のPalmユーザにとって深刻な脅威となるような悪意のあるソフトウエアは出現していない。しかし,ハンドヘルド機や携帯電話機,ページャ,車載装置などの無線/有線によるインターネットや電子メールへのアクセスが増加するにつれて,ウイルスへの脅威も高まる」(CA社)。

◎関連記事
米McAfeeがPDA向けウイルス対策ソフトをリリース,29ドル
McAfee.comがPalmOS機に常駐するアンチウイルス・ソフトのベータ版を発表
McAfee,Palmねらうトロイの木馬型ウイルスへの対応ソフトを提供開始
Trend Micro,PalmOSを襲うウイルス向け対策ソフトの提供を開始

トレンドマイクロがPalm機向けにウイルス情報サービスを立ち上げ

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]