PR

 米Microsoftが米国時間11月30日に,インタラクティブTV向けサービスやアプリケーション開発を手がける企業3社と提携を結んだことをロサンジェルスで開催中の「2000 Western Cable Show」にて明らかにした。契約した企業はACTV社,eCity社,RespondTV社。

 Microsoft社はこれら3社と,Microsoft社の「Microsoft TV Platform」に対応したアプリケーション開発に協力体制を敷く。TVを使った電子商取引(いわゆる“t-コマース”)やインタラクティブ性のある広告を対象にする。

 ケーブル事業者がバナー広告からターゲットを絞ったコマーシャルまで,パーソナル化したテレビ広告を幅広く提供できるようにする。

 なお,提携内容にはトライアル計画も含まれており,「これらのアプリケーションがケーブル・ネットワーク事業者にもたらす売り上げ効果について現実的なデータを収集する」(Microsoft社)という。

 Microsoft TV Platformは,エンハンスドTV向けのソフトウエア技術。二つのソフトウエアで構成する。すなわち,セットトップ・ボックス(STB)などに組み込むクライアント・ソフトとサービス配信管理を行うサーバ・ソフトである。DVB, ATSC,ARIBなど世界のディジタルTV放送の主要方式を扱える。HTML, JavaScript, Dynamic HTMLのほか,ATVEF(Advanced Television Enhancement Forum)のフォーマットに対応しており,Windows CE上で動作する。

◎関連記事
米マイクロソフトがTV番組制作システム技術の米Chyronと提携拡大,600万ドルの出資も
MicrosoftがTV番組製作システム・プロバイダ5社とMicrosoft TVで提携
Microsoft,DIRECTV,THOMSONがインタラクティブTVサービスで提携
AT&TとMicrosoftがインタラクティブTVサービスでの提携強化
Microsoft TV Platformのソリューション開発企業は100社以上,とMicrosoft

[発表資料へ]