PR

 米IBMとShell International Exploration & Production B.V.社がスーパーコンピュータの開発と導入で協力体制を敷く。IBM社がフランス時間12月12日に明らかにしたもの。

 開発するスーパーコンピュータはIBM社の「xSeries」のサーバー機を1024台用い,32ラック構成をとる。OSにはLinuxを採用する。

 Shell社は開発したスーパーコンピュータで地震や地球物理関連のアプリケーションを動かす。Shell社が収集した調査データをスーパーコンピュータに入力し,大規模データの解析や計算に利用する。

◎関連記事
適用分野広げるLinux
国防総省が海洋現象の予測研究にIBMのスーパーコン「RS/6000 SP」を導入
米レッドハット,「米IBMのeserver全モデルでRed Hat Linuxが走る」と発表
TurboLinuxが「IBMのeserver全モデルでTurboLinuxが走る」と発表
IBMが薄型サーバー「xSeries 330」を発表,配線や結線を大幅削減

[発表資料へ]