米Technology Business Research (TBR)が米国時間12月14日に,PCサーバー,デスクトップ・パソコン,ノート・パソコンに関する2000年第3四半期における企業ユーザーの満足度に関する調査結果を発表した。

 2000年8月~10月にかけて米国企業のITマネージャにインタビューを実施したもの。すでに導入している約150万システムと購入予定の40万システムが考察対象に含まれる。

 それによると,第2四半期とくらべてデスクトップ機とノート・パソコンに対する満足度は全般的に上昇しているという。PCサーバーに関しては,米Dell Computerへの満足度が著しく低下し,一方米IBMの顧客満足度は上がった。結果的にPCサーバー全体の満足度は横這いとなった。

■2000年第3四半期におけるメーカー別顧客満足度(最高得点数=100ポイント)

◇PCサーバー

  サンプル数 2000年Q3の得点 2000年Q1~Q2
の変化
2000年Q2~Q3
の変化
Dell 89 85.90 +0.9% -3.5%
Hewlett-Packard 60 84.79 -2.0% -1.5%
Compaq Computer 191 84.72 -0.8% -1.9%
IBM 64 83.22 -2.4% +2.0%

出典:TBR社

◇デスクトップ機

  サンプル数 2000年Q3の得点 2000年Q1~Q2
の変化
2000年Q2~Q3
の変化
Dell 149 87.05 -2.5% +0.3%
Hewlett-Packard 62 84.36 -3.1% +3.8%
Gateway 60 83.16 -0.5% +1.0%
Compaq Computer 109 82.83 -3.7% 0.0%
IBM 86 80.94 -2.0% +1.3%

出典:TBR社

◇ノート・パソコン

  サンプル数 2000年Q3の得点 2000年Q1~Q2
の変化
2000年Q2~Q3
の変化
Dell 129 85.39 -2.4% +0.9%
IBM 119 80.04 -2.8% +2.6%
東芝 55 79.16 -1.8% +3.7%
Compaq Computer 80 78.33 -7.0% +2.5%

出典:TBR社

 第3四半期は前期と比べて,PCサーバー分野におけるブランドの格差がさらに縮まった。首位のDell社からIBM社までの差はわずか3ポイントである。前期は8ポイントだった。Dell社のPCサーバー顧客の満足度が低下しIBM社が上がったことほかに,米Compaq Computer,米Hewlett-Packard (HP),IBM社の直販から購入する顧客が増加したことも格差の縮小に影響した。

◎関連記事
米企業ユーザーのパソコン満足度,第2四半期はDellが微増,他社は軒並み低下
IT業界のトップ企業をプロバイダが選定,Cisco,IBM,Microsoftなど並ぶ

[発表資料へ]