PR

 「公開鍵技術(PKI:Public Key Infrastructure)市場が急速に拡大している。PKI製品や認証サービスの市場は,1999年の2億8100万ドルから年平均成長率61%で拡大して,2004年には30億ドル規模に成長する」。米IDC(International Data Corporation)が米国時間12月18日に調査結果を発表した。

 「電子商取引に向けたPKI技術が,試験段階から実用段階へ移行しつつある。遠隔アクセスやセキュリティを確保したメッセージング機能,コンテンツ配信,トランザクション向けセキュリティなどで,PKI技術が使われている」(IDCの調査マネージャー,Charles Kolodgy氏)。

 PKI市場全体をPKI関連製品と認証サービスという二つのカテゴリからみると,1999年はPKI関連製品が売上高ベースで市場全体の2/3を占めていたが,今後は認証サービスが伸び率で上回るという。

 PKI製品のシェアは2002年に50%を割る一方で,認証サービスは1999年から2001年にかけて市場が4倍に拡大する。2004年にはPKI市場全体のおよそ60%に達するとIDCは予測している。

 「ただし,PKIは複雑な技術で導入コストが大きいこと,さらにPKIはセキュリティのトータル・ソリューションではないことから,市場の成長はある程度限られたものになる」(IDC)。

◎関連記事
活気づく携帯電話のセキュリティ
PKIベースのシングル・サインオンを全社で導入,社員情報との連携に工夫
電子商取引を支えるPKIの導入法(第1回)
電子商取引を支えるPKIの導入法(第2回)
電子商取引を支えるPKIの導入法(第3回)
電子商取引を支えるPKIの導入法(第4回)
電子商取引を支えるPKIの導入法(第5回)

[発表資料]