PR

 米InterTrust Technologiesが米国時間12月20日に,米PassEdgeの資産を買収したと発表した。金額などの詳細については明らかにしていない。

 PassEdge社はインターネットを介したビデオ配信向けのデジタル著作権管理(DRM)システムを開発している。同社のシステムは加入型(subscription)をはじめペイ・パー・ビュー方式やペイ・パー・タイム方式の配信,またストリーミングやダウンロード方式のビデオ販売に対応する。

 InterTrust社は今回の買収により,ビデオ市場向けDRMソリューションの拡充を図る。自社の技術とPassEdge社のシステムを組み合わせ,パートナ企業に提供する。またPassEdge社の顧客に対するサポートも行う。

 「両社によるソリューションで,衛星,ケーブル,DSL事業者などのサービス・プロバイダやコンテンツ所有者は,素早くビデオ市場に参入することができる」(InterTrust社上級副社長兼Chief Business OfficerのEd Fish氏)。

 なお,元PassEdge社CEOのMark Ashida氏はInterTrust社Infrastructure and Embedded Systems部門の上級副社長に就任した。

◎関連記事
PhilipsとInterTrustが著作権管理組み込んだMPEG-4ストリーミングをデモ
IomegaとInterTrustが提携,著作権を保護したコンテンツを持ち運び可能に
2002年にはECサイトの60%以上がDRM技術を利用--Gartnerの調査

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

 CATV,衛星インターネット,移動・無線通信,など高速インターネット・アクセスに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「高速インターネット」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]