PR

 米RSA Securityが米国時間12月21日に,米Symantecに暗号技術をライセンス供与したことを明らかにした。

 ライセンス供与したのは,RSA社の「BSAFE Crypto-C」「BSAFE Crypto-J」「BSAFE Cert-C」「BSAFE Cert-J」。Symantec社はこれらの暗号技術を自社の製品に組み込むほか,インターネット向けのセキュリティ製品にも搭載する計画である。

 RSA社のBSAFE製品はSSL,SMIME,WTLS,IPSec,PKCSを実装するためのソフトウエアである。現在,多くのWWWブラウザ,無線機器,サーバー,電子メール・システム,VPN(virtual private network)製品に利用されている。

◎関連記事
RSAが公開鍵暗号アルゴリズムをパブリック・ドメインに
RSAが暗号ソフト「BSAFE Crypto-C」の新版,「性能を最大500%向上」
米RSAと米シスコが提携拡大,公開鍵暗号ソフトをライセンス
RSAがWAP対応の暗号ソフト「RSA BSAFE WTLS-C」を出荷
米商務省,DES後継の次世代暗号技術にベルギーの「Rijndael」を選定RSA Keon製品を制約なしに国外に輸出できるよう米国政府が許可

[発表資料]