PR

 米Turbolinuxが米国時間1月10日に,米IBMとの提携関係を拡大したことを明らかにした。

 TurboLinux社のLinuxディストリビューションと,IBM社の「DB2 Universal Database」をはじめ,「WebSphere」「Lotus Domino」「Tivoli FrameWork」「Small Business Suite for Linux」を組み合わせたソリューションのマーケティングとサポート,販売で協力体制を敷く。2001年前半に上記ソリューションの提供を始める予定である。

 両社は1999年に,「TurboLinux」と「DB2 Universal Database」をバンドルすることで,提携関係に入っている。このときには,IBM社がTuboLinux社に対し出資も行っている。

◎関連記事
TurboLinuxが「IBMのeServer全モデルでTurboLinuxが走る」と発表
米レッドハット,「米IBMのeserver全モデルでRed Hat Linuxが走る」と発表
「動作確認」から「動作保証」に格上げされたLinux

[発表資料]