PR

 米Rambusが米国時間1月11日に,2000会計年度第1四半期(2000年10~12月期)の決算を発表した。売上高は過去最高の3470万ドルとなった。前年同期に比べて191%増,前期に比べて29%増である。

 買収関連などの一時的な費用を除いた実質営業利益は,1990万ドルで売上高に占める割合は57%。前年同期の実質営業利益は290万ドル(売上高に占める割合は25%),前期は1450万ドル(同54%)だった。

 これら一時的な費用を除いた純利益は1320万ドル(1株当たり利益は0.12ドル)で,こちらも過去最高となった。前年同期の5倍強,前期に比べ29%増である。なお利益率が上がったことに加え,税額控除が限定的だったことで同四半期の税率が40%に上がった。

 好業績はロイヤリティー収入の増大によるところが大きい。同四半期中のロイヤリティー収入は2680万ドルで前年同期の10倍強,前期に比べ35%増である。なおこれには韓国Samsung Electronicsと三菱電機からの前払い金が含まれている。SDRAMやDDR SDRAM,そのコントローラにおけるRambus社の知的所有権の使用料の一部である。三菱電機に関しては今年1月2日にライセンス契約を結んだばかり(発表資料)である。

 なおSDRAMの価格が下落していることから,CEOのGeoff Tate氏は2001年1~3月期のロイヤリティー収入について,「新たな契約を結ばない限り10~12月期の水準を上回ることはない」とのコメントを出した。

◎関連記事
韓国Samsungと米Rambus,SDRAMとDDR SDRAMなどのライセンス締結で決着
今度は韓国HyundaiがRambusを提訴
Micron,独禁法違反などでRambusを提訴
Rambusの7~9月期と通年決算,ロイヤリティ増で売上高,利益とも過去最高
RambusがMicronに反論,「ライセンス交渉よりも法廷を選んだ」
米Rambus,米Micronと韓国Hyundaiを特許侵害で反訴
Rambusが沖電気にSDRAM,DDR SDRAM,コントローラ技術をライセンス供与
「昔の友は・・・」,Rambus社がIntelと訴訟合戦に突入する?

[Rambusの発表資料]
[www.businesswire.comに掲載の発表資料]