PR

 DreamweaverやFlashなどのWWWページ作成ツールで知られる米Macromediaと,WWWアプリケーション・サーバーのColdFusionやJRunをもつ米Allaireが合併することで最終合意に達したと米国時間1月16日に発表した。Macromedia社が約3億6000万ドルでAllaire社を買収する。

 Macromedia社はAllaire社の1株に対しMacromedia社の0.2株と現金3ドルを支払う。取り引きは2001年第2四半期に完了する予定である。

 現Macromedia社会長兼CEOのRob Burgess氏が引き続き会長兼CEOを務め,Allaire社CTOのJeremy Allaire氏はMacromedia社CTOに就任する

 「Macromedia社とAllaire社の技術と才能を統合し,ダイナミックなWWWサイトやアプリケーションの開発に対して確実かつ利用しやすい環境を開発者に提供する。パソコン,セットトップ・ボックス(STB),PDAなどに向けた新世代WWWサイトの開発を支援する」(Burgess氏)。

 ちなみに両社を合わせた顧客は,WWW設計者やアプリケーション開発者,Javaプログラマなど200万人以上にのぼるという。

 合併後はWWW開発プラットフォームの拡充を図り,業界標準に対応させる。まずはAllaire社のWWWアプリケーション・サーバー「ColdFusion」をJ2EE対応にする。次に再利用可能なコンポーネントやアプリケーション・ロジックなどのアプリケーション・サービスを開発する。JavaやMicrosoft .NETといったソフトウエア・プラットフォームに向ける。

 Allaire社はe-business向けソフトウエア開発を手がける企業。マサチューセッツ州ニュートンに拠点を置き,従業員550人を抱える。北米のほか,欧州とアジア太平洋地域にオフィスを構えている。

 Java関連の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Java」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
Macromediaがグラフィックス・ソフトの新版「Flash 5」をリリース
Macromedia,AOL,DoubleClickなどがマルチメディア広告の団体を設立
Macromedia,WWWサイト作成ソフトの機能を拡張,アクセシビリティ向上図る
APサーバー「JRun 3.0J」が出荷,JSP開発ツールを組み合わせてミドルレンジを狙う

[www.macromedia.comに掲載の発表資料]

[www.allaire.comに掲載の発表資料]