WAP関連特許などモバイル技術を手掛ける米Geoworksが東芝から500万ドルの追加出資を受けたことを,米国時間1月17日に明らかにした。

 東芝の社内カンパニーであるiバリュー クリエーション社がGeoworks社の株式を1株当たり4ドルで125万株取得したもの。

 東芝はすでにGeoworks社の株式を約21万株保有している。今回の追加出資によって,東芝が保有するGeoworks社株は合計145万9302株となる。出資比率は6.25%。

 Geoworks社は,東芝から得た資金を,現在開発中の「Mobile Server+」プラットフォームに充てる。東芝は「Mobile Server+」を日本市場向けのモバイル・インターネット・サービスなどに用いる予定。

 なお,東芝は2000年5月に,Geoworks社から,クライアント・サーバー・アプリケーション「Premion Server+」技術のライセンス供与を受けている。

 iバリュー クリエーション社は東芝が2000年4月に立ち上げた9番目の社内カンパニーで,iモードをはじめ,WAP,MML対応など,コンシューマ向け無線インターネット・サービス事業や企業向けアプリケーション開発などを手掛ける。

◎関連記事
Geoworksが東芝に無線通信サーバ技術をライセンス供与
GeoworksとEricssonがWAP関連など特許のクロスライセンス契約を締結
GeoworksがWAP技術の特許係争で,Phone.comと三洋電機をITCに提訴

GeoworksがWAP技術のライセンスを改訂,9月1日までに契約しないとペナルティも
Phone.comとの特許係争,Geoworksが反訴
GeoworksがPhone.comの提訴に反論,「WAP Forumの精神に反する」
米Phone.comがGeoworksを逆提訴,特許そのものが無効と主張
Geoworks,東芝にWAP特許「Flex UI」をライセンス供与,初ライセンシに
WAP関連特許に関し,GeoworksとWAP Forumが合意
Geoworks,WAPの基本特許を主張,ライセンシングを開始

[発表資料]