PR

 米RealNetworksが米国時間1月30日に,2000年第4四半期と通年の決算を発表した。第4四半期の売上高は5820万ドルで,前年同期の4350万ドルから34%増加した。一時的な費用を除いた純利益は390万ドルで,1株当たりの利益は2セント。前年同期は660万ドルで,同4セントだった。

 2000年通年では,売上高が2億4150万ドル。前年の1億3120万ドルから84%増収。一時的な費用を除いた純利益は3090万ドルで,1株当たり利益は18セント。前年は1050万ドルで,同6セントだった。

 買収関連費用などの経費を含めた場合,第4四半期は3330万ドルの純損失となり,1株当たりの損失は21セントである。2000年通年では1億1010万ドルの純損失で,1株当たりの損失額は72セントだった。

 米国外からの収入をみると,2000年第4四半期は前年同期に比べて70%増加した。現在,世界における「RealPlayer」ユーザーの約50%と「RealJukebox」ユーザーの約40%は,北米以外の居住者である。また,RealPlayerには45局以上の海外チャネルがあり,45カ国語以上に対応したWWW放送を提供している。

◎関連記事
米RealNetworksがメディア配信「RealSystem iQ」を発表,ピア・ツー・ピア型
米IBMと米RealNetworksが提携,ストリーム・サーバーをUNIX機pSeriesに移植
VAIOや携帯型プレーヤにRealPlayerをバンドル,RealNetworksとソニーが提携
「わが社のストリーミング・メディア形式の人気は明白」と米RealNetworks

[発表資料へ]