PR

 米RSA Securityが米国時間2月1日,e-Business向けデジタル認証製品の開発を手がける米Xcert Internationalを買収することで最終合意に達したことを明らかにした。買収金額はおよそ6750万ドル。取引は2001年2月中に完了する予定。

 Xcert社買収により,RSA社は公開鍵(Public-Key Infrastructure/PKI)市場におけるシェアと収入の拡大をねらう。企業間(BtoB)とインターネット市場を対象にしたセキュリティ製品開発能力を拡充し,開発期間の短縮を図る。

 RSA社は,Xcert社の認証発行と管理ソリューション「Xcert Sentry」を自社のPKI製品「RSA Keon」ファミリに統合する。Sentryと「RSA Keon Certificate Server」を組み合わせた製品を2001年第4四半期にリリースする予定である。

 「今回の買収を通じて,我が社は50社以上の顧客を新たに抱えることになる。Aetna社,American Management Systems社,Marconi社,PNC Bank社,Wachovia社などである。また,eOriginal社やDigital Signature Trust(DST)社など認証発行サービスにXcert社のSentry CAを利用しているOEM顧客も獲得する」(RSA社CEO兼社長のArt Coviello氏)

◎関連記事
米商務省,DES後継の次世代暗号技術にベルギーの「Rijndael」を選定
RSAが公開鍵暗号アルゴリズムをパブリック・ドメインに
RSA Keon製品を制約なしに国外に輸出できるよう米国政府が許可
米RSAと米シスコが提携拡大,公開鍵暗号ソフトをライセンス
米RSAがPKI向け「Keon VPN Client」を発表
米RSAが米シマンテックに暗号ソフトをライセンス供与
RSAが暗号ソフト「BSAFE Crypto-C」の新版,「性能を最大500%向上」

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]