PR

(2001.2.5,Tony Knotzer=TechWebNews

 米Qualcommと米MP3.comが携帯電話向け音楽コンテンツの提供に関し,提携関係に入った。Qualcomm社が最近発表したCDMA(Code Division Multiple Access)携帯電話機向けアプリケーション開発プラットフォーム「Binary Runtime Environment(BREW)」に,MP3.com社の音楽コンテンツにアクセスするアプリケーションを組み込む。

 無線サービス・プロバイダはBREW対応携帯電話機にダウンロード可能な音楽ソフトのカタログを提供できる。

 ソフトウエアのリリースはアジア市場が2001年夏,米国市場が2001年末の予定。当初は,韓国Samsungと京セラの米国子会社Kyocera Wireless社の携帯電話機で利用できる。Qualcomm社は利用できる携帯電話機ベンダーを拡大していくという。

 両社の提携について,アナリストの見方は様々である。

 米Gartner Groupのアナリスト,P.J.McNealy氏は「BREW対応携帯電話機のユーザーのあいだで音楽ソフトの需要がどれくらいあるのかはなんとも言えない」と懐疑的だ。一方で,Webnoizeのアナリスト,Ric Dube氏は「MP3社にとっても,大きなプラス。当初は音質が少々低くても構わない。製品の第1弾として,重要な一歩だから」と評価している。

Copyright(c) 2001 CMP Media Inc. All rights reserved.

[記事へ]

◎関連記事(IT Pro注)
米クアルコムがCDMA携帯向けプラットフォーム「BREW」,課金方式も明らかに
cdmaOne電話機とアプリの開発を迅速化。KDDIがiモードを追撃
米クアルコム,部品点数を半減し,通話時間を20%延ばすCDMA技術を開発
QUALCOMMとMicrosoftが無線通信機器の開発・拡販で戦略提携

米クアルコムがVC設立し,CDMAや無線技術に4年間で5億ドルを出資