PR

 米Network Associatesの子会社McAfeeのオンライン事業部門McAfee.comが米国時間2月7日に,コンピュータ・ウイルスの感染状況に関する調査結果を発表した。78万人のMcAfee.com会員とトライアル・ユーザーのシステムをスキャンし,ウイルスに関する情報を集計したもの。

 それによると,約390億にのぼるファイルのスキャンを行った結果,1800万ファイルがウイルスに感染していた。これは,コンピュータの約20%が感染していることを意味しているという。

 なお同社は,パスワードを盗むウイルス「APStrojan.qa」に感染するAOL会員が急増していることについて,先週警告を発している。

■世界における検出ウイルスのトップ10(過去30日間)

1. VBS/LoveLetter@MM
2. APStrojan.qa@MM
3. W95/MTX.gen@M
4. W32/FunLove.gen
5. 32/Kriz.4050
6. W32/Hybris.plugin@M
7. W97M/Ethan.a
8. W95/CIH.1003a
9. W97M/Marker.gen
10. W32/Hybris.plugin@MM

出典:McAfee.com社

◎関連記事
1月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Navidad-B」
受信メールに対し感染ファイルを添付して返信するワーム「W32/Navidad@m」で警告
メールで感染を広めるウイルス「MTX」をトレンドマイクロが再警告
巧妙な手口で被害を広げる「Hybris」ウイルスに要注意
東証のメール・マガジンに「Hybris」ウイルス,サイトに不正侵入し約8000人に送信
米マイクロソフトの社内ネット侵入でハッカーはワーム「Qaz.Trojan」を利用
【TechWeb特約】米マイクロソフトの社内ネットへの不正アクセスを憂慮する

Linuxを狙って自己増殖する「ラーメン」ワームに注意
巧妙になるコンピュータ・ウイルスの手口
「2000年11月のウイルス被害は過去最悪」--IPAが報告

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]