PR

 ワーム「AnnaKournikova」(または「Anna Kournikova」「VBS_Kalamar.A」)について,米Network Associates (NAI)の一部門McAfee AVERT,米Trend Micro,フィンランドF-Secureなどのセキュリティ・ソフトウエア・ベンダが米国時間2月12日に警告を発した。

 危険度は「高」。急速に被害が拡大しているという。

 AnnaKournikovaは,2000年初頭に検出された「IloveYou」ワームと類似した破壊力のあるインターネット・ワーム。大量に電子メールを送信し,トラフィック増加によるネットワークの障害を引き起こす可能性がある。

 McAfee AVERT社によるとAnnaKournikovaは2000年8月に初めて検出されて以来,Fortune 500の企業を含む50社以上が感染しているという。

 AnnaKournikovaはMicrosoft社の「Outlook」を踏み台に電子メールの添付ファイルで広がる。

 電子メールの件名は「Here you have, ;o)」で,テキスト本文は「Hi: Check This!」。添付ファイルの名前は「AnnaKournikova.jpg.vbs」となっており,ロシア出身の女子プロテニス・プレーヤAnna Kournikova(アンナ・クルニコワ)の画像のように見せかけている。

 発症すると,ユーザのOutlookのアドレス帳に登録されているすべての宛先に自身の複製を送り付ける。

◎関連記事
1月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Navidad-B」
「コンピュータの約20%がウイルスに感染」と米McAfee.comの調査
「ホリデイ・シーズンは電子メールに要注意」,セキュリティ・ベンダーが防衛のための8カ条を指南
McAfee,「世界各地で27億ファイルを検査,230万からウイルスを検出」

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[NAIの発表資料]
[Trend Microの発表資料]
[F-Secureの発表資料]