PR

 米Manugistics Group,米Microsoft,米KPMG ConsultingがSCM(supply chain management)ソリューションの提供に関して提携関係に入る。Microsoft社が米国時間2月13日に明らかにしたもの。

 3社が共同で開発するソリューションは,民間や公共のインターネット取引所(マーケットプレース)における取引パートナ企業の協調作業を支援することを目的としている。SCMサービス,取引相手に関する予測機能,インターネット対応のコラボレーション機能をサプライヤや顧客に提供する。

 具体的には,Manugistics社のSCMスイートをMicrosoft社の「Windows 2000 Advanced Server」「Windows 2000 Datacenter Server」,データベース管理システム「SQL Server 2000」や電子商取引向けサーバ「BizTalk Server 2000」を含む「.NET Enterprise Server」製品に対応させる。Microsoft社とKPMG社の技術リソースを利用する。KPMG社が技術やソフトウエアのインテグレーション・サービスを担う。

 3社は共同で世界規模のマーケティングや販売キャンペーンを展開する。消費者向け,産業界向け,政府機関などさまざまな市場を対象にする。

◎関連記事
Manugistics,英国のスケジューラベンダー買収しSCMソフトの機能拡張
米マニュジスティックスがNATO関連機関からSCMソリューションなどを受注
ネット取引市場向けソフト製品を“.NET”で共同開発
マイクロソフト,「BizTalk Server」など3製品発表
米マイクロソフト,BizTalk Server 2000の価格とライセンスの詳細を明らかに

 ERP,SFA,CRM,HRM,SCMなど企業情報システムに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「CRM&ERP」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]